『リアル野球盤協会』責任者のご挨拶

『リアル野球盤』を開発した鈴木久雄です。

仲間とともに『リアル野球盤協会』を発足し、リアル野球盤の普及に努めております。

大勢の皆様にご協力いただき、ここまで進めることが出来ました。

これからも、少しでも世の中のお役に立つよう 努力してまいります。

ご支援、ご協力 よろしくお願いいたします。

鈴木久雄のご紹介

年表

・1948年産まれの団塊世代人です。

・1953年  切山小学校・金谷中学校・島田工業高校(電気科)・静大工短部(機械科)を卒業

・1966年  旭可鍛鉄(現 "旭テック")へ入社

       研究室・生産技術・品質管理(保証)・製品開発 等を経験。

・2007年2月 第5回SOHOしずおかビジネスプランコンテストで最優秀賞を受賞。

             テーマは「リアル野球盤の普及ビジネス」

・2008年4月 同社を定年退職し、リアル野球盤普及ビジネスでの起業を目指す。

・2009年1月 ホームページにショップ機能を付加し 個人事業『レクール舎』を Open 。

       リアル野球盤用具の製作・販売を始める。

・2010年9月 『リアル野球盤協会』を4人の仲間と発足。現在に至る。

       

旭テックでの経験より

◆製品開発の面白さ 体験

 ・多孔質金属材料・生ごみ処理器・スラグ(産廃)の有価化・下水管浄化用クリーニングボールの開発

  等を体験する。

 ・異業種交流会(TMプラザはままつ 他)で多くの方の生き方を学ぶ。

   共に考えることにより 新製品開発(ローテク的な)のお手伝いならば出来そうです。

 

◆品質管理・品質保証の体験

 ・データの集計・分析:不良(クレーム)対策を行った。

 ・標準化資料の作成 :品質仕様書・基準書・手順書作りをした。

   今でも 諸データを収集し 分析することにより、製造部門の不良低減活動のお手伝いが出来る

   かも知れません。ご相談ください。