リアル野球盤 開発史


◆1998年秋、開発者 鈴木久雄が"旭テック"に勤務していた

 時に、おじいさんとおばあさんがつまらなそうに 黙って

 散歩をされていたのをふと見て『楽しみながら運動でき

 たらいいのになー』と思ったのが開発のきっかけ。

◆鈴木は野球が好きだったこともあり 日本人に好きな人が

 多い野球と結びつかないかと考え、子供の頃に遊んだ

 『野球盤』に連想が繋った。

◆広い所で、人が動いて、転がるボールを扱う、歩いて進 

 塁・・・こんな具合に具体案が浮かんできた。

◆『うまくいくと、これからの高齢化社会に役に立つレク

 リエーション ゲームになるかもしれない。

 何とか、自分で考えてみたい!』 との想いが湧いてきた。

◆その後、どうすれば良いのか 想いをめぐらせていた。

◆2004年9月 創業塾受講

 島田商工会議所主催の創業塾に参加し ビジネスとしてのリアル野球盤を練り始めました。

 当初は、屋外でプレーするレクリエーション ゲームの構想であった。

◆2005年11月 小出宗昭氏(当時 SOHOしずおか インキュベーションマネージャー)と出会う

NHK教育TVの『ビジネス未来人』を視聴。この番組で

SOHOしずおかの小出氏(現 富士市産業支援センター f-Biz センター長)が起業支援をしていることを知り す

ぐに面談希望のメールを送った。驚いたことに 次の日

小出氏から電話いただき、さっそく相談に伺った。   

【相談結果】

『面白い』『いけるかもしれない』『障害者の方にも喜ばれそうですね』『応援しますよ』との うれしい言葉をいただく。

この時にリアル野球盤と名付ける:大きな1歩目となる!

◆2006年春〜用具を試作

 機能を満足する用具を手作りしてみた。

当初考えていた 屋外でのプレーは、困難そうであることが判った。

◆2006年9月 初トライ

創業塾の放課後にリアル野球盤を初トライ。教師・受講者共に夢中になる!

リアル野球盤が、本当に楽しめることが確認でき 大きな2歩目! 

   (トライを薦めてくれた岩崎美紀講師に大感謝)

◆2006年10月 初ゲーム、以降 諸施設でトライ

近所の親睦会でリアル野球盤の初ゲームを行い、レクリエーション ゲームとして楽しめることを確認した。

以降、島田市を中心に 老人施設・障がい者施設の方にお願いして楽しんでいただけることを確認し、用具やルールの改善を進めた。

◆授産施設の収益状況を知る

障がい者施設でのトライ時に 収益が苦しいことを知り、リアル野球盤の製造を手伝っていただき 収益改善に貢献したい と考えた。

そこでご縁のあった島田作業所(現 ワークセンターコスモス)の施設長に提案し、賛同を得た。

◆2006年10月 ビジネスプランコンテストに応募

15回/150人に体験していただいた結果がよかったので、ビジネスプランとして整理し、「リアル野球盤の普及ビジネス」というテーマで応募した。当時 B-nest経営応援団の天野米次様には親身のご指導をいただいた。

 

 

◆2007年2月 ビジネスプランコンテスト最優秀賞受賞

第5回SOHOしずおかビジネスプランコンテストで最優

秀賞を受賞大きな3歩目となった。

◆2008年1月 『熟年メッセージ』にて発表

静岡健康長寿財団の『熟年メッセージ』でリアル野球盤普及活動をグランシップにて発表した。

ユニーク賞を受賞。

◆2008年1月 保育園にて初トライ

保育園で初トライ→レクリエーション ゲームとして大好評であった。

2008年8月 視覚障害者施設にて 初トライ

視覚障害施設の方にトライしていただく→課題があるも、楽しんでいただけました。

◆2008年9月 用具の完成

 商品としての用具の設計を完了する。

  以降、使いやすく 作りやすい用具に改善を進めている。

◆2009年1月   ネットショップ オープン。

  (個人事業としてスタート  屋号:「レクール舎」としました)

◆2009年3月6日 記念すべき初納品

小規模多機能型居宅介護 & グループホームの2人3脚さまへ納品しました。

◆2009年10月22日 静岡県武道館にて リアル野球盤大会実施:参加者約900名 

静岡県作業所連合会"わ"中部地区ふれあいスポーツレクリエーション

◆2010年3月17~19日 健康博覧会(於 東京ビッグサイト)に出展

◆2010年9月2日 NPO リアル野球盤協会(任意団体)を発足

河守 隆、鈴木 節子 両氏と共に。

◆2011年1月24日 第11回しずおかユニバーサルデザイン大賞 優秀賞受賞

 

 

◆2011年10月4日 『ガイアの夜明け』(テレビ東京)に取上げられる

◆2012年3月18~20日 被災地 福島県郡山市・いわき市訪問

被災地支援に役立つ可能性 調査:可能性あり

◆2012年7月19日 CBCテレビ『そこが知りたい! 特捜板東リサーチ』放送され

元中日ドラゴンズの坂東英二さんがリアル野球盤を地元高齢者と・・・

◆2013年4月29~30日 再度被災地 福島県郡山市・いわき市訪問

リアル野球盤技術指導と用具2セット 寄贈

  READYFOR?プロジェクトで多くのご支援をいだき 成立した。

◆2013年6月12日 「埼玉西武ライオンズ」の地域振興活動にリアル野球盤が採用される!

◆2014年4月14日 「北海道日本ハムファイターズ」の地域貢献活動にリアル野球盤が採用される!

◆2015年3月18日 島田市新市誕生10周年記念事業の1つとして「リアル野球盤静岡県大会in島田」

  が採用され、同年9月27日(日)24チームの参加を得て盛大に実施された。

  以降 1回/年「リアル野球盤大会」開催されている。


              <リアル野球盤大会の様子>

 

◆2018年7月28日 「NPO リアル野球盤協会」を「リアル野球盤協会」と変更。